知らないと損をする、iPhoneを修理に出す前にやってはいけないルール

水に落としたときに電源が入るか確かめない

iPhoneはスマートフォンの中でも高価な機種であり、壊れてしまうとかなり慌てるものです。そのせいで、つい余計なことをしてしまいがちですが、修理に出す前に手を加えてしまうことで余計に状態が悪化するケースが少なくないので注意しましょう。
たとえば、修理に出す前にやってはいけないこととしてどのようなことが挙げられるのかというと、まず、iPhoneを水に落としてしまったとき、すぐに電源が入るか確認することが挙げられます。基本的に水に落としてしまったら、なにがあっても電源を入れてはいけません。内部に浸水している場合、電源を入れるとそれが原因となって故障することがあるからです。水の中に落としたときにユーザーが行っていいのは、あくまでも水分を除去することだけです。

どこが壊れているのかケースを開けて自分で確認しようとしない

地面に落としたなどの理由で電源が入らなくなったとき、どこが壊れているのか確認するためにケースを開けてしまうのもやめましょう。素人にはケースを開けたところで故障箇所を判別することはできませんし、仮に壊れている場所を確認できたからといって、それ以上、やれることはないからです。つまり、ケースを開けることは無意味なのです。その上、ケースを開けたことでメーカー保証が受けられなくなってしまい、損をしてしまいます。
修理に出す前にデータのバックアップを取らない人がいますが、これも避けなければなりません。というのは、修理店はわざわざデータをバックアップしてから修理を行うという作業はしないからです。修理に出すときは必ず初期化されると考えて、データをバックアップしましょう。

iphoneの修理を銀座で提供しているショップでは、液晶パネル割れやバッテリーの交換など様々なトラブルに対応してもらえます。