お金をかけずにiPhoneを修理する方法。

保証期間内であれば無償で修理してもらえる可能性がある

高価なiPhoneが壊れてしまった場合、修理費用が高額になるのではないかと心配し、なかなか修理に出せない人もいるかもしれません。しかし、ケースによっては壊れたiPhoneを無料で修理できる方法があります。具体的にどのようなケースであれば無償修理が可能になるのでしょうか。
まず、無償保証を受けるために絶対に必要なのが保証です。iPhoneをメーカーや携帯キャリアから購入した場合、必ず、一年間の保証がつきます。また、サービスの加入状況によってはそこからさらに保証が延長されることもあります。
もし保証期間内に壊れた場合は、慌てて非正規の修理店に持ち込むのではなく、メーカーや携帯キャリアに問い合わせて無償での修理が可能か確認しましょう。

無償修理の対象は自然故障のみ

保証期間内に壊れた場合は、必ず無償で修理してもらえるのかというと、そういうわけではありません。条件がつきます。基本的に自然故障の場合のみ、保証期間内に壊れた場合は無償修理してもらえると覚えておくといいでしょう。自然故障とはどのようなものかというと、電話したり、ネットに接続したりと、通常利用だけしている状態での故障のことです。たとえば、スイッチが効かなくなった、電源が入らなくなった、画面にタッチしても反応しなくなったといったことが、水に落としたり、地面に落としたりということがないのに発生した場合は自然故障が疑われます。
落としたらガラスが割れてしまったといった故障は自然故障に入りません。利用者のミスなどにより、外的要因があって壊れてしまった場合は保証期間内でも有償修理になります。

iphoneが壊れて困っているなら、早めに修理を申し込むべきです。急ぎのiphone修理を青森で依頼したいなら、即日の修理が可能な店舗を重点的に探しましょう。